ドンドン広がる被害は早急に対処|イタチ駆除はプロに任せるのが基本

メンズ

鳩の害を防ぐ

鳩

公園を歩けばよく見かけるのが、カワラバトという鳩です。この鳩はドバトとも呼ばれており、灰色の見た目が特徴です。カワラバトは人の生活に溶け込み、ゴミなどをあさって生活していることが多い種です。このカワラバトは、人間に様々な害をもたらすとして、害鳥扱いされています。その理由として、羽毛や糞によって景観を損ねさせたり、糞による細菌の発生及び悪臭が主であり、他にも農作物を食すのも鳩害の1つとして挙がっています。
鳩の駆除は無許可で行うことはできません。鳩を駆除するためには申請をし、許可を得なければなりません。その理由として、カワラバトは愛玩用として飼育されている場合もあり、駆除をすることによって動物愛護法に抵触するおそれがあるからです。そのため、駆除よりも予防のほうが重要とされています。鳩の被害を予防する方法として、鳩が寄り付かないようにするという対策が第一に挙げられます。例えば、一般的な方法として目玉模様の風船を置いたり、ネットを張って侵入されないようにするということが挙げられます。また、家のベランダで巣を作らないように、鳩が止まりそうな場所に剣山を設置したり、忌避剤スプレーを散布するといった方法もあります。なお、鳩が家のベランダに巣を作った場合、巣の中に卵があれば撤去はできませんが、卵がない場合は破壊し、撤去することが可能です。そのため、被害拡大を防ぐためには巣作りを防ぐ、あるいは卵を産み落とす前に巣を破壊して追い出すことが重要とされています。
ただし、そいった対策を行うことが難しい方もいます。そのような方は、駆除業者へ相談、依頼するといいでしょう。専門の知識を持ったスタッフが対応してくれるので手間もかからず安心して任せることができます。